Home > アーカイブ > 2010-08

HeadLine―株式投資ブログ最新情報―

2010-08

短期投資における欲との戦いに勝つ方法



株をやっていると、人間誰しも欲が出るものである。

しかし、勝者になろうと思ったらその欲に打ち勝たなくてはならない。特に短期投資や投機と言われるようなものに手を出す場合、短期的な急騰銘柄については、欲を出し続けているといずれは下がってしまい大損をする。(いつかの千年の杜のような)
お金に対する人間の強欲に打ち勝つ方法考える。

結論から言うと、「運は続かない。早々に勝ち逃げしろ。」ということである。
ある急騰株を持ち続けていたら巨大な利益を上げられるかもしれない。しかし、根拠もない砂上の楼閣と言える株価の上昇に希望的観測で乗っかり続けるのは頭が悪すぎる。
適当な利益が出たら、(もちろん巨大な利益が出る可能性もあるが)素早く降りること。それが長い目で見ると、勝つ人がやる行動である。競馬、カジノなどギャンブルにおいても同じ

そして、適当な利益を上げ株を売り払った後、その株がまだまだ何倍にも上がったとする。そうすると、それを見て悔やむ人が大半だろう。しかし、それもまた愚かである。
少しでも利益が上がればいい。その考えを持つこと。それが欲に打ち勝ち、利益をあげる方法である。
唯一の例外は、その株を保有中に、確実に株価を上昇させる新たな好材料が出た場合のみである。

ピークで売ることはよほどの幸運がない限りまず不可能、あり得ないと思わなくてはならない。株式市場を取り巻く無数の人々の心理で動く株価をピンポイントで当てることはできない。短期急騰銘柄ではなおさらである。

短期投資、投機と言われるようなものにおいては利益が出たら早々に降りる。欲を消すこと。それが重要である。

( 「マネーの公理」参考)





にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  
人気ブログランキングへ 株式投資情報検索

スーパーボウルで株価を予想(スーパーボウルオーメン)から学ぶ

スーパーボウルオーメン

スーパーボウルとはNFLというアメリカのアメリカンフットボールのプロリーグのチャンピオンを決める試合のことで1月に行われる。このスーパーボウルの結果がその年の一年間のアメリカニューヨーク市場の株価に関係しているというのだ。

スーパーボウルにおいて、NFCと呼ばれるリーグに所属するチームが勝った年は、その年のニューヨーク市場の株価が上昇するという。これが、スーパーボウルオーメンやスーパーボウル理論などと呼ばれている理論、ジンクスである。
日本ではあまり有名ではないが、アメリカのウォール街ではよく言われるジンクスだ。


実際のところ、当たっているのか結果を調べてみると、騰落だけで言えば7割8割当たっているようである。しかし重要なのはそこではない。この理論、ジンクスは、偶然作られたもので、スーパーボウルと株式市場に何ら因果関係はないのである。相関関係ゼロのオカルトだ。

このスーパーボウルオーメンに限らず、時に、こういった偶然起こるジンクスが囁かれることがあるが、それらは何の意味も持っていない。

もしこのような理論、ジンクスに惑わされている人がいたら、それは間違いである。ひとつの話題として笑い飛ばしておけばいい。こういった何の意味もなく相関関係のない理論に惑わされていては巨大な株式市場を相手にまともな投資はできない。





にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  
人気ブログランキングへ 株式投資情報検索

素人が投資信託で失敗する理由

投資信託

1、手数料の高い投資信託を買ってしまう。

あたりまえですが、投資信託には手数料が掛かります。購入時に掛かる販売手数料と契約中常に掛かる信託報酬があります。
投資信託ではこの手数料が非常に厄介ものです。
資産をプロに運用してもらえるのは良いのですが、この手数料のせいで、長期的に見ると利回りが大きく下がってしまうのです。

仮に1000万円を20年間、年6%で運用した場合
20年後
信託報酬なしの場合→3200万
信託報酬1%の場合→2650万
信託報酬2%の場合→2200万

たかが1%、2%ではあるのですが、長期的に見るとこんなに運用成績に差が出てしまいます。
この場合年6%で運用できているので良いですが、利回りが小さい場合、手数料でマイナスになってしまうことも起こってしまいます。

銀行や証券会社の人に勧められるがままに買うと、手数料の高い(売る側が儲かる)商品を買わされてしまいます。
手数料に注意して、投資信託を選びましょう。
投資信託の中にはノーロード型という販売手数料の掛からない商品もあります。
過去の運用成績以上に、とにかく手数料の安いものを選ぶことが投資信託選びでは重要です。

2、一度に大金を投入してしまう。

購入したい投資信託が決まったら、一度に大金をつぎ込んでしまう人がいますが、これはおすすめできません。
まとめて購入した後に、基準価格が下がってしまったら大きな損失を被ってしまいます。

例えば、リーマン・ショック直前に大金をつぎ込んでいたら…と考えるとぞっとしますよね。
そういった危険を避けるために、何度かに分け、分散して投資することリスク軽減のため大切です。
できれば、数年にわたり毎月いくらと決めて分散投資すると良いでしょう。





にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  
人気ブログランキングへ 株式投資情報検索

投資戦略。どこまでのリスクをとるべきか。

投資戦略


投資家個々人は具体的にどういった投資戦略をとるべきなのか。

それは、リスク許容度(どのくらいのリスクがとれるか)がひとつの尺度となる。

まず、前提として、リスクとリターン正比例する。
大きなリスクをとれば、振れ幅は大きく、高いリターンも期待できる。がもちろん、大きな損失を被る場合もある。

リスク許容度を測る上での考慮すべき点を挙げる
・年齢
・株式投資以外での収入はどのくらいあるか
・家族(結婚しているか、子供はいるか)
・投資目的
・精神的に強いかどうか


こういった点を考慮し、どの程度のリスクをとり投資するか考える必要がある。

投資の総リターンは、ロジャー・イボットソンによれば、
90%は、アセットミックスによって決まる。
10%は、その資産の中身(どの銘柄か、どの投資信託かなど)
ということであり、ポートフォリオのアセットミックスの選択が非常に重要になってくる。

金融資産には、株式(個別銘柄、投資信託、インデックス)、債権、不動産、現金
ひとつの例だが、年齢だけで言うと、
若ければ、その後の給料で補える若い人ほどリスク高い株式を多く組み入れてリターンを狙うべきであるし、老後の絶対資金が必要な年配者は、リスクの大きい株式は少なめにするべきである。また、若い人ならば、毎月積立型のファンも良い。

株式においては、年平均リターンは、まちまちであるだろう。
しかし、長期投資によって振れ幅であるそのリスクを確実に減らすことができる。
かつ、分散投資によってもリスクを軽減できる。

元来リスクの非常に高い株式投資で、確実性を求めるならば、分散ポートフォリオを保有し続けることが良いと言える。それに対して、タイミング投資はリスクも高いだけでなく、手数料や税金といった部分においても損が大きい。その手数料や税金分をもカバーする利益をあげることは難しいとも言える。

そして、最終的にここで勧められるのがインデックスファンドである。
分散されており、手数料も非常に安い、最良の投資手段といえるかもしれない。
また、投資信託を選ぶにしても、少なくとも「ノーロード型」の手数料のかからない投信を選ぶべきである。

株式、債権、不動産、投資信託、インデックスファンドなど組み合わせ、自身のリスク許容度と望むリターンに合わせた投資戦略をとりたい。

(ウォール街のランダムウォーカー13章参考)





にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  
人気ブログランキングへ 株式投資情報検索

インフレによる投資リターンの変化(債権か株式か)

インフレ

インフレが起こった場合のリターンの変化




債権…マイナス
株式…変わらず




債券市場ではインフレは常にマイナス要因である。もしインフレが5%進み、元々の債権の利回りが5%だとしたら、実質資産は増えないということになってしまう。

株式投資インフレヘッジが効いおり、インフレの影響がマイナスになることはない。
インフレが1%進めば、全ての物の値段や、工場や設備の価値も在庫の価値も1%増加するからである。
そういったインフレの進行とともに、期待成長率も自然と上がるというわけである。

インフレによる投資リターンの変化を考えて投資先を選びたい。





にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  
人気ブログランキングへ 株式投資情報検索

Home > アーカイブ > 2010-08

RSS
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
My Yahoo!に追加


Blog ranking
Recommended Books
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes

Return to page top