ホーム > タグ > リスク

HeadLine―株式投資ブログ最新情報―

リスク

投資戦略。どこまでのリスクをとるべきか。

投資戦略


投資家個々人は具体的にどういった投資戦略をとるべきなのか。

それは、リスク許容度(どのくらいのリスクがとれるか)がひとつの尺度となる。

まず、前提として、リスクとリターン正比例する。
大きなリスクをとれば、振れ幅は大きく、高いリターンも期待できる。がもちろん、大きな損失を被る場合もある。

リスク許容度を測る上での考慮すべき点を挙げる
・年齢
・株式投資以外での収入はどのくらいあるか
・家族(結婚しているか、子供はいるか)
・投資目的
・精神的に強いかどうか


こういった点を考慮し、どの程度のリスクをとり投資するか考える必要がある。

投資の総リターンは、ロジャー・イボットソンによれば、
90%は、アセットミックスによって決まる。
10%は、その資産の中身(どの銘柄か、どの投資信託かなど)
ということであり、ポートフォリオのアセットミックスの選択が非常に重要になってくる。

金融資産には、株式(個別銘柄、投資信託、インデックス)、債権、不動産、現金
ひとつの例だが、年齢だけで言うと、
若ければ、その後の給料で補える若い人ほどリスク高い株式を多く組み入れてリターンを狙うべきであるし、老後の絶対資金が必要な年配者は、リスクの大きい株式は少なめにするべきである。また、若い人ならば、毎月積立型のファンも良い。

株式においては、年平均リターンは、まちまちであるだろう。
しかし、長期投資によって振れ幅であるそのリスクを確実に減らすことができる。
かつ、分散投資によってもリスクを軽減できる。

元来リスクの非常に高い株式投資で、確実性を求めるならば、分散ポートフォリオを保有し続けることが良いと言える。それに対して、タイミング投資はリスクも高いだけでなく、手数料や税金といった部分においても損が大きい。その手数料や税金分をもカバーする利益をあげることは難しいとも言える。

そして、最終的にここで勧められるのがインデックスファンドである。
分散されており、手数料も非常に安い、最良の投資手段といえるかもしれない。
また、投資信託を選ぶにしても、少なくとも「ノーロード型」の手数料のかからない投信を選ぶべきである。

株式、債権、不動産、投資信託、インデックスファンドなど組み合わせ、自身のリスク許容度と望むリターンに合わせた投資戦略をとりたい。

(ウォール街のランダムウォーカー13章参考)





にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  
人気ブログランキングへ 株式投資情報検索

リスクとは何か。


株をしているとリスクという言葉を頻繁に聞く。
みなさんは、このリスクという言葉の意味を具体的にどう解釈しているだろうか。

金融資産のリスクは、一般にリターンの分散、あるいは標準偏差として定義されている。

要するに「リスク=振れ幅」である。リスクが大きい金融資産は、平均リターンが大きいマイナスあるいは大きいプラスとなる可能性が高いと言うことである。

逆に、リスクが小さいということは、振れ幅も小さいということを意味する。

ハイリスクハイリターンの検証においてのひとつの命題として、平均してより大きなリスクを取った投資家はより高いリターンを得てきたというものがある。
株式のような高いリターンは、高いリスクを取る代償としてあるといえる。

ではリスクを減らす方法は何があるのか。
その答えのひとつが、分散投資である。

分散投資をすることで確実にリスクを軽減させることができる。
約50の銘柄に分散投資することで、1株投資の場合をリスク100とすると、リスク40まで抑えることができる。
さらに、世界の株式市場に分散させることでよりリスクを軽減させることができる。

リスクをどの程度とれるかというリスク許容度は、個々の投資家の年齢人生設計によって大きく変わる。自分のリスク許容度を今一度考え投資先を考える必要がある。

(参考文献ウォール街のランダムウォーカー9章)





にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ  
人気ブログランキングへ 株式投資情報検索

Home > タグ > リスク

RSS
Add to Google
Subscribe with livedoor Reader
My Yahoo!に追加


Blog ranking
Recommended Books
Get Adobe Flash playerPlugin by wpburn.com wordpress themes

Return to page top